辞退を抑制するための合格者フォロー

いかに説得するかではなく、自社のことをいかに伝えるフォローを実施する

合格者フォローを実施する目的

オンライン採用が浸透するなか、学生は情報を渇望しており、継続して会社理解を深められる環境を用意しておくことが重要になる。

  • 1.長期化する内定承諾期間
  • 採用の早期化が進む一方で、学生の意思決定の時期が6月以降になることが多くなっている。そのため、早いタイミングに内定出しを行えたとしても、学生は継続して就職活動を続ける傾向がある。
  • 2.オンライン採用による企業・仕事理解の低下
  • 2022卒からオンライン採用が普及し、場所や時間に縛られることなく、説明会を開催できる環境が整った。しかし一方で、気軽が故に企業のことを充分に理解しないまま、内定を獲得するケースも出てきているため、内定先を決めきれない学生が増加傾向にある。
  • 3.合格者とクイックレスポンスでやり取りが行える環境を整備
  • 内定未承諾の段階は他社の選考も進めているということ。自社への承諾を決めきれずに思案しているこの時期にこそ、企業側からアプローチすることが、辞退を防止するためには重要な要因となる。

合格者のフォローを時系列から考える

3月
早期からの内定出し
学生が迷いだす時期

6月
内定出しがかぶるピーク時
学生が意思決定する時期

企業と学生の思考

選考も徐々に落ち着いてきて、先輩社員座談会や交流会などといったフォローを中心に実施。また個別面談なども行い手厚くフォローを行っている。

内定を頂いた企業に対し「自分自身がこの会社で活躍できるのか?」、「本当に自分がこの会社でやっていけるのか?」という漠然とした不安が出てきり、自分事として仕事に向き合うタイミングになります。具体的な仕事内容や社内制度といった学生の興味が高い情報を改めて伝えることでマッチング率を高めていきます。

競合他社に「情報量」で負けない

企業と学生の思考

選考も徐々に落ち着いてきて、先輩社員座談会や交流会などといったフォローを中心に実施。また個別面談なども行い手厚くフォローを行っている。

内定を頂いた企業に対し「自分自身がこの会社で活躍できるのか?」、「本当に自分がこの会社でやっていけるのか?」という漠然とした不安が出てきり、自分事として仕事に向き合うタイミングになります。具体的な仕事内容や社内制度といった学生の興味が高い情報を改めて伝えることでマッチング率を高めていきます。

「納得感」を与え、ミスマッチを防止

3月
早期からの内定出し学生が迷いだす時期

企業と学生の思考

選考も徐々に落ち着いてきて、先輩社員座談会や交流会などといったフォローを中心に実施。また個別面談なども行い手厚くフォローを行っている。

内定を頂いた企業に対し「自分自身がこの会社で活躍できるのか?」、「本当に自分がこの会社でやっていけるのか?」という漠然とした不安が出てきり、自分事として仕事に向き合うタイミングになります。具体的な仕事内容や社内制度といった学生の興味が高い情報を改めて伝えることでマッチング率を高めていきます。

競合他社に「情報量」で負けない

6月
内定出しがかぶるピーク時
学生が意思決定する時期

企業と学生の思考

選考も徐々に落ち着いてきて、先輩社員座談会や交流会などといったフォローを中心に実施。また個別面談なども行い手厚くフォローを行っている。

内定を頂いた企業に対し「自分自身がこの会社で活躍できるのか?」、「本当に自分がこの会社でやっていけるのか?」という漠然とした不安が出てきり、自分事として仕事に向き合うタイミングになります。具体的な仕事内容や社内制度といった学生の興味が高い情報を改めて伝えることでマッチング率を高めていきます。

「納得感」を与え、ミスマッチを防止

内定承諾につなげるためには早期からのフォローが重要

UPcomer WORKSで出来ること

人材フォローのために開発されたツールだからこそ、簡単に情報が発信でき、容易にコミュニケーションがとれる

  • 内定者同士の交流を制限することで内定出しからフォローできる環境を用意する

  • 「自分が入社して働く」を意識させる具体的な情報を学生に届ける

  • 学生から企業に質問できる機会を設ける

  • リアルタイムの会社情報や学生からの質問を随時、届けることで内定者全員に情報を届ける

  • LINEのような感覚で気軽にチャットトークが行える

  • サイトのアクセスや情報のアクセスを元に志望度を数字で比較し、優先すべき学生を見極める


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/coralwombat5/www/works/wp-includes/script-loader.php on line 2781